スタッフブログ

空き家のパーシャル賃貸

おはようございます、いつもご覧いただき誠にありがとうございます。

今日は空き家のパーシャル賃貸についてお話させていただきます。

 

“空き家のパーシャル賃貸”っていったい何?と思いますよね、『パーシャル』とは部分的という意味合いでこの場合、空き家の一部を賃貸として貸し出すという事になります。では一部分貸すとは・・・引っ越して使用しなくなった家や、親の家を相続して家の中に家財道具がそのままで、“どうにかしないと”と思ってはいるものの結局空き家のままになっているお家を貸し出しませんか。

しかも中の家財道具はそのまま。(当社で片付けるという方法もありますが)もう一つの方法をご提案します。空き家の1室か2室に処分しづらい物を固めて保管します。それ以外の部分を賃貸として貸し出します。当然ですが、借主の了解・理解をいただき、全室は利用できなくなりますが、そのような条件で家賃は少し低めに設定して賃貸します。

例えば4LDKのお家で2階の一番条件の悪そうな部屋を保管場所として貸主が処分しきれない家財等を保管します。残り3LDKを借主が賃貸するという事です。詳細条件等は契約書にて取り決めて当社がしっかり管理いたしますので、ご安心ください。

このように空き家の有効活用にも一般的に認知されていないやり方がいろいろとございまして、貸主・借主それぞれによろこんでいただける方法をご提案させていただき、空き家に関わるすべての方が安心・納得していただけることを切に望みます。

この他にもいろんなケース・パターンがあるかと思いますので、“ほったらかし”の空き家がございましたら、一度ご相談ください。持ち主の方にとって最適のご提案をさせていただきます。

ご質問やお問合せお待ちしております→ https://yebisu-housing.com/contact/