スタッフブログ

リノベーションやリフォームは繰り返して大丈夫なのか

親の代の家を受け継いだり中古物件を購入して、リノベーションやリフォームをして住むことに注目が集まっています。

部屋の配置を丸ごと変更することができるので、生活スタイルの変化や年齢に合わせたリノベーションを行うことができます。

また、リフォームは、もともと作られたものの一部を壊して作り変えたり、新しいものを増築したりできるので、壊れた部分をその都度必要に応じて変えることができます。

ただリノベーションやリフォームを繰り返すことで、耐火性や耐震性で不安が残ることがあります。

リフォームは部分的な変更ですが、リノベーションは柱を取り外したり大掛かりな工事になることもありますから、負担がかかってしまったり、家の重心がずれたりということもあります。

リフォームで増築する場合も、本来の家の構造とは別の部分を作ることになるので、部分的に負担がかかってしまうことがありますから、1度や2度の増築であればかまいませんが、あまり多くの増改築は控えたいですね。

小さなリノベーション、リフォームをその都度行うか、大規模な工事を1,2回行うようにしましょう。