スタッフブログ

中古住宅の雨漏りと結露を確認する

住宅の雨漏りは内部の下地材や構造材を腐らせたり、白アリの被害の恐れがあるので十分注意しましょう。

特に中古住宅はあちこちが傷んだり劣化しているので、雨漏りは十分に調査する事が必要です。

ただ屋根をチェックをするだけでは雨漏りが発見できるわけではありません。

 

もちろん屋根材の劣化や破損によって、屋根からの雨漏りが多いのも現実です。
しかし破風板の腐食や軒裏の破損によっても、台風や大雨また風向きによっては軒先の雨漏りをおこします。

外壁の破損や窓周りのシーリング材の劣化でも雨漏りをおこすので注意しましょう。
特に窓周りからの雨漏りは、窓の結露と間違う場合もあるので詳しく調査する必要があります。

 

屋根や外壁そして窓周りなど、中古住宅の雨漏りの原因は様々な要素があります。
天井や内壁に染みなどが出て雨漏りと分る場合はまだ幸いで、天井面や内壁に出てこないで内部でじわじわ雨漏りしている場合が厄介です。
対応が遅くなればなるほど、大幅な工事になったり費用も膨らみます。
専門家に調査を依頼して、徹底して雨漏りを直すことが住宅を長持ちさせる方法です。