スタッフブログ

リノベーション住宅を購入する際に気をつけること

リノベーション住宅を購入する際に気をつけることの一つに、建築の年月日があります。

建築基準法の新耐震基準が施行されたのは、建築工事の着工前に役所等に申請し確認を受ける建築確認年月日が昭和56年6月以降の建物からで、建築確認年月日が昭和56年5月以前の物件は新耐震基準前の建物です。

 

また建物の完成時期を表す建築年月日が昭和56年6月以前の物件はほとんどが新耐震基準前の建物ということになりますが、建築確認申請を昭和56年5月以前に受けて着工し、一定の工事期間を経て完成した建物は、建築年月日が昭和56年6月以降であっても新耐震基準前の建物ですので要注意です。

 

新耐震基準とそれ以前の旧耐震基準でも、構造計算の元になる許容応力度法の考え方は継続されていていますが、新耐震基準では、その構造が一定の条件を満たさない場合に偏心率や剛性率の計算、保有水平耐力の計算などが追加されています。
旧耐震基準でも問題の無い住宅も中にはありますが、その場合でも耐震診断による安全の確認や耐震補強を行っている住宅を購入したほうが安心できます。