スタッフブログ,記事

一戸建て派?マンション派?

夢のマイホーム購入を考えた時にまず最初に思うことは、

自分がマンション派なのか、戸建派なのか?決めかねている人でも家を買うときにはどちらかを選ばなければなりません、それぞれの特徴から確認していきましょう。 まずマンションですが、いくつかの住戸が集まっている住宅を指します。土地や建物の外側(外壁や窓ガラス)、建物のエントランス・廊下などは全員の所有物です。しかし、一つ一つの住戸は壁や床・天井で区切られており、室内はその住戸の所有者だけのものです。室内は専有部分、それ以外は共用部分として区別されます。共用部分は区分所有者全員で構成する管理組合が管理する仕組みです。それに対し戸建は土地・建物すべて買った人の所有物です。つまり、所有する人がすべて自分の責任で管理するという点がマンションとの大きな違いです。 次に戸建は増改築が自由で駐車場が無料、建物が老朽化したら建て替えることもできます。庭があればガーデニングや日曜大工などをしやすく、大型犬を飼って運動させることもできるでしょう。 一方、マンションは管理費などを払う必要がありますが共用部分のメンテナンス等は管理組合が動いてくれます。また駐車場は利用する場合有料であるケースがほとんどです。 戸建の場合、マンションのような管理費や修繕積立金はかかりませんがその分、建物のメンテナンスは自分で行う必要があります。お金をかけずに手入れをしないでいると建物が老朽化する時期が早くなってしまうのです。また最近は断熱性や気密性の高い建物が増えましたが、マンションに比べると冷暖房費は高くなりがちです。 戸締りをするときには、玄関ドアだけでなくたくさんある窓にも鍵をかけなければなりません。 マンションと戸建についての大まかな特徴・違いを述べましたが、それぞれの特徴をよく理解したうえで自分や家族のライフスタイルに適した住まいを選ぶようにしましょう。