スタッフブログ,記事

建て替えが出来ない家の売却、処分

空き家の売却や処分を考える際に、建て替え不可・再建築不可という物件だとなかなか売りにくいものです。ではどの様な物件がそれに該当するかというと、建築基準法上で真っ先にあげられる点は幅員4メートル以上の道路に敷地が2メートル以上接していなければ現在の法規上では建築することができません。その他にも色々と取り決めはありますが、一番肝心なのは前面の『道路』です。建築基準法上の接道要件を満たさない場合、原則として、既存の建物を解体したとしても、新築をすることができません(例外:建築基準法43条1項但し書き)。その場合はリフォームなどで再生するしかないのですが、そういったご相談も承ります。また法律的にもっと突っ込んだ相談の場合はより専門家である司法書士の先生をご紹介させていただきます。 4メートル未満の幅員の道路に接する住宅は全体の約3分の1近くあるそうですが、建て替えが出来ない物件も相当含まれていると思われます。

建て替えが出来ない家の活用方法としてはリフォームして再生する、場合によっては骨組みだけ残して基礎なども補強した上で柱などの耐震補強を行って間取りなども大幅に変更するリノベーションという手もあります。この場合はテレビのビフォーアフターの世界です。パッと見は新築したのかという程の仕上がりになりますが、費用もそれなりになります。または、それなりにリフォームの上で賃貸住宅にするという方法もあります。道が狭い分、家賃に割安感を持たせればお客様は喜ばれますのですぐに決まると思います。この場合は始めに言った通りリフォームにあまりコストはかけることはできませんのでポイントを押さえた仕事が要求されます。

ヱビスハウジングでは物件の販売から、リフォームの手配や賃貸管理など幅広く行っています。例えどんな家でも、例え空き家になっていてもその活用方法は必ずあると考えますので、もし有効な活用方法が見出だせない方は一度当社にご相談してみてください。何かヒントを見いだせるかもしれませんし、行動を起こすきっかけになればと思います。