スタッフブログ,記事

家族信託

『信託契約』について

現在、親は健在で相続や遺言といったこととは無縁に感じている方は多いと思います。その反面、将来的には必ず直面する問題でもあります。そこで親が健在だからこそできることもあります。子供が親になかなか遺言を書くように話をするのって簡単ではありません。“今度家族が集まった際にでも一度話を振ってみようかな” なんて思っていてもいざとなったら中々言い出せないものです。そこで、最近耳にするのが『信託契約』、『家族信託』など本人の生存中から死亡後まで、本人の財産の管理・承継について決めておくことができます。その内容は契約などで、かなり自由に柔軟な設定ができるそうです。また、信託は遺言の代わりを果たすこともできるそうです。

認知症に罹患してしまった場合に『成年後見制度』を使うことがあります。成年後見人は、本人の判断能力が衰える前には財産の管理はできません。しかし、『信託』であれば、判断能力があるうちから、自分の希望する人に財産管理を任すことができます。もちろん、判断能力が衰えた後も受託者が財産管理を行うことができます。

いろいろと、信託について書いてみましたが、勘違いしやすい点や注意すべき点があります、しかし家族信託には特にデメリットはないとも言われているそうです。

ヱビスハウジングでは『信託』に関する相談や手続きについて信頼できる司法書士の先生をご紹介させていただきますので、お気軽にお問合せください。